文字サイズ

家族信託Q & A

(7)専門家がいないと家族信託はできないの?

2015年10月09日

みなさま、こんにちは。

つなぐ相続アドバイザーズ取締役の荒木でございます。

今回も、みなさまが気になってらっしゃる、ご質問をご紹介したいと思います。

ご質問

専門家がいないと家族信託はできないの?


回答

家族信託は必ずしも専門家の関与が必要なものではありません。

しかし、家族信託の実行のためには信託契約を作成することが必須になります。

信託契約は、預かる財産をどうするか、受託者にどの程度の裁量を任せるか、信託が終わる際に財産をどうするか等、決めておかなければならないことが多くあります。これらをきちんと決めておかなければ却って相続トラブルの原因になります。

また、信託を設定した場合にはそれまでと税金の払い方が変わったり、税金の計算方法が特殊になる部分があります。加えて不動産を信託する場合には信託登記という特殊な登記が必要になります。

これらのことから専門家に任せるか専門家のアドバイスを受けて進めることが良いと考えられます。


想いをつなぐ相続なら、つなぐ相続アドバイザーズ

サービスの詳細については、以下よりお問い合わせください。

TEL.011-557-8914

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

このページの最上部へこのページの最上部へ