つなぐ相続アドバイザーズお気軽にご相談ください TEL.011-557-8914

文字サイズ

心から信じている人に託せます。心から信じている人に託せます。

大切な財産、ご家族に遺す準備はできていますか?大切な財産、ご家族に遺す準備はできていますか?

株式会社つなぐ相続アドバイザーズ 代表取締役 深谷 陽次郎

家族に引き継ぎたい財産

ご自身が築き上げた財産やご両親から受け継いだ財産。
高齢になるにつれ、大切な財産をどのように守ってご家族に遺していくか非常に大きな心配事になります。これまでは、ご自身が亡くなった際の相続においてトラブルにならないように、遺言書を作るなど相続対策の必要性が強調されていました。今さらに重要な問題となっているのは、亡くなられるまでの数年間、認知症を患った場合にどのようにして財産を守っていくかという認知症対策です。認知症は、可能な限り避けたい病気ではありますが、厚生労働省の統計*では、65歳以上の約5人に1人が認知症と言われ、発症する確率は無視できないものとなっています。

近年注目の『認知症問題』とは?

受け継いだ財産を守るためには、賃貸不動産の経営や有価証券投資など一定のリスクをとって収益を得ることも必要になります。しかし、認知症を発症した場合には、特にこれらの資産の管理に大きな支障が生じます。このような認知症のリスクに備えることができ、さらに将来の相続も対処できる制度として、いま「家族信託」が注目を集めています。

新しい対策法『家族信託』

当社では、新しい制度である家族信託に積極的に取り組むと共に、遺言書や成年後見人制度の利用など従来からある制度を交えた認知症対策・相続対策のご提案を行っております。
家族信託に関するセミナーを随時開催している他、初回のご相談は無料にてお受けしておりますので、お気軽にご連絡ください。

新着情報

このページの最上部へこのページの最上部へ