文字サイズ

家族信託Q & A

信託監督人の役割とどのような場合に選任するのか教えて下さい。

2020年01月21日

こんにちは。

つなぐ相続アドバイザーズ取締役の荒木です。

今回は、みなさまが気になってらっしゃるご質問をご紹介したいと思います。

ご質問

信託監督人の役割とどのような場合に選任するのか教えて下さい。


回答

信託監督人とは、受益者が現に存するものの、受益者自身が受託者を適切に監督することが期待できないような場合に選任されるものであり、受託者の信託事務の処理を監督するために、受益者が有する権利を行使する権限を有する者です。

 

家族信託の場合に引き直して簡単にいうと、受益者となっている高齢である方や、判断能力に制限があるような方に代わり、受託者が横領等の非行や不適切な財産管理を行わないように監督をする者が信託監督人です。

 
信託監督人を選任するかは任意ですが、原則的に家族信託は委託者と受託者が家族であることが多く、信頼関係が強い傾向があるため、選任されないことが多いのではないかと思われます。但し、財産の規模が大きい場合、受益者の判断能力の低下が顕著な場合、家族間に不和が生じうるような場合には信託監督人の選任を行うことを検討すべきでしょう。
なお、当社では、アパート・マンション等の収益物件を信託される場合に、当社を信託監督人として頂くケースが多くなっています。

 

 

無料個別相談のお申込みはコチラ

サービスの詳細については、以下よりお問い合わせください。

TEL.011-557-8914

お問い合わせ・無料個別相談お申込みお問い合わせ・無料個別相談お申込み

このページの最上部へこのページの最上部へ