家族信託Q & A

信託設定したときの登記はどうなりますか?

2019/03/14

こんにちは。

つなぐ相続アドバイザーズ顧問  司法書士の白木です。

今回は、みなさまが気になってらっしゃるご質問をご紹介したいと思います。

ご質問

信託設定したときの登記はどうなりますか?

 

回答

信託の設定に伴い、信託不動産にかかる委託者の所有権は受託者に移転します。そのため、信託を原因とした所有権移転登記がなされますので、登記名義人は委託者から受託者に変更されます。同時に信託目録が付され、委託者・受託者・受益者・信託の目的・信託の終了事由などが記載されます。

なお、売買や相続などが原因で行われる所有権移転登記では登記名義人の肩書は「所有者」となりますが、信託が原因で行われる所有権移転登記では肩書が「受託者」となります。

<信託した際の登記についてに関する家族信託Q&Aはこちら↓>
 
 

ページ最上部へ